造作のオリジナルカウンターがつなぐ、リビングが主役の空間づくり

ファミリー(お子様2人)の施工事例 case study

造作のオリジナルカウンターがつなぐ、リビングが主役の空間づくり

ArrowArrow

Slider

フランス出身のご主人、奥様、ふたりのお子様4人が暮らす、自由な発想とアイデアが詰まったお住まいです。

傷つけられない賃貸暮らしが窮屈。もっと自由に暮らしを楽しみたい

「日本の賃貸マンションって、穴を開けることができないじゃないですか。僕たち、アートが好きでいろいろ飾ったりインテリアをいじったりすることが好きだったので、残念だな…とずっと思っていました。なので、リノベーションでのマイホームは念願だったんです」と話すご主人。お部屋には、ご夫婦がそれぞれ集めたアートやキッチン用品、季節の花など、さまざまなアイテムがお部屋を彩っています。「“新築マンション”は全く検討しませんでした。自分が選んだ好きなものに囲まれて暮らしたかったので。“自分たちでつくる”ことが前提でした」。

完全オリジナルの家具でコーディネート

そんなご主人のこだわりの思いが詰まったお住まいは、リビングとキッチンが主役になる間取りで構成されています。
リビングとキッチンは、リノベ工事を担った大工さんが造作したオリジナルカウンターが用いられています。リビング窓側のカウンターは、ワークスペース兼飾り棚として。キッチン窓側のカウンターは、調理作業台として。中央のカウンターはダイニングテーブルとして。ダイニングテーブルのカウンターは稼働できるようになっていて、ホームパーティーをする時などは、リビングに移動して使っているそうです。

面積
55.62m²
間取り
3DK→1LDK+WIC
構造
鉄筋コンクリート造
リノベーション完工年月
2017年1月
完工時築年数
築32年
場所
東京都板橋区
家族構成
夫婦、お子様2人

Before

After


BEFORE
矢印
矢印
AFTER